WordPressの記事の投稿方法を解説【2019年最新エディター版】
こんにちは。
ジョンペイです。
WordPressが2019年にリニューアル(新エディター)となり、
これまでと仕様が大きく変わりました。
それに伴い、記事の投稿方法も変更したので戸惑う方も
多いかと思われます。
ということで、今回は、
WordPressの記事の投稿方法について写真を使いながら解説
していこうと思います。
注意:『Classic Editor』というプラグインを導入すると、リニューアル前の編集画面で記事を編集することが可能です。

WordPressとWordソフトフェアは使い勝手が異なる

まず前提として知っておきたいのが、 WordPressとWordソフトフェアとは使い勝手が全く異なる ということ。 これを知らずにWordPressで記事を書こうとすると、 使い方や書き方がよくわからず、軽く挫折します笑 長年、Word のソフトウェアに慣れ親しんできたぼくも、 初めは戸惑いました。 具体的にどういう違いがあるかというと、 Wordソフトは タイトル、見出し、本文、画像を同一ページ内で編集するのに対して、 WordPressの場合、 タイトル、見出し、本文、画像を「それぞれ別々のブロックに分割して作成する」 というイメージです(下の図がイメージ図)   WordPressの場合、 タイトルは「タイトルブロック」に、 見出しは「見出しブロック」に、 本文は「本文ブロック」に という感じでそれぞれを作成していく必要があります。 今回ご紹介する手順通りに行えば、誰でも簡単に 記事を投稿することが可能なので是非参考にしてみてください。

記事を投稿するまでの流れ

まず記事を投稿するまでの全体像ですね。 大まかな流れは以下のようになっています。
①記事を作成する ②記事タイトルや見出し、画像を設定する ③記事を投稿する
ではいよいよ記事の書き方を見ていきましょう!

記事投稿の具体的な流れ【画像付き】

①「投稿」を選択する

ホーム画面の左側にある「投稿」→「新規追加」を選択しましょう。

②「記事タイトル」を入力する

ここに記事タイトルを入力しましょう。 記事を書くのに慣れてきたらSEOを意識したタイトル選定にトライしてみましょう。

③「ブロックの追加」を選択する

④「Classic Paragraph」を選択する

⑤「Classis Paragraph」のなかに、記事本文を書いていく

記事の本文を記入するための作業です。
左上の「ブロックの追加」→「Classic Paragraph」を選択しましょう。
出てきたブロックにどんどん記事本文を入力していきましょう。

⑥「記事見出し」を選択する

次は見出しを作成しましょう。 「ブロックの追加」→「見出し」を選択しましょう。 文章を読みやすくするために、記事の見出しの設定は重要です。 「H2」、「H3」、「H4」というのは見出しの大きさの順番で、 H2:大きい見出し H3:一つ小さい見出し H4:さらに一つ小さい見出し という構造になっています。

⑦「画像」を挿入する

「ブロックの追加」→「画像」を選択しましょう。 「アップロード」、「メディアライブラリ」、「URLから挿入」の中から選択し、 挿入したい画像を選択しましょう。 画像は読み手の負担を減らすという意味でも重要なので、できるだけ挿入すると良いと思います。

⑧「アイキャッチ画像」を設定する

アイキャッチ画像とは、記事一覧や冒頭に載るサムネイル画像のことを指します。

⑨「カテゴリー」を設定する

右上の「文書」→「カテゴリー」を選択し、 記事のカテゴリーを選びましょう。 新しく追加したい場合は、「新規カテゴリーを追加」を選択し、 新しいカテゴリーを作成しましょう。

⑩「プレビュー」をみる

⑪「公開する」を選択して記事を投稿する

「プレビュー」を選択すれば、実際の投稿画面を確認することができます。
記事がすべて書き終わったら「公開する」を選択し記事を投稿しましょう。
修正したい場合、投稿後でも
「投稿」→「記事一覧」→「編集」を選択すれば、
いつでも編集し直すことも可能です。
おすすめの記事