MENU

【2021年版】Amazonプライムビデオの機能・料金・6つのメリットと3つのデメリットを解説

・Amazonプライムビデオってどんなサービス?
・機能と料金が知りたい
・メリット・デメリットが知りたい

こんな悩みを解決します。

Amazonプライムビデオは月額500円(年額4,900円)で映画やドラマが見放題の動画配信サービスです。

今回は実際にAmazonプライムビデオを利用して感じたメリット・デメリットを解説していきます。

以下が本記事の内容です。

本記事の内容
  • プライムビデオの機能と料金
  • プライムビデオの6つのメリット
  • プライムビデオの3つのデメリット
  • プライム会員限定のお得なサービス
  • プライムビデオはこんな方におススめ

\ 無料お試し期間中に解約すれば0円! /

目次

Amazonプライムビデオの機能・料金

まずはプライムビデオの機能・料金を整理しようと思います。

概要は以下の通りです。

月額料金500円
無料お試し期間30日間
作品数10,000タイトル以上
同時視聴可能
ダウンロード機能あり
対応端末スマホ、タブレット、パソコン、テレビなど
毎月のポイントなし
その他プライム会員のみが利用できるサービスが充実

なんといっても一番の特徴は月額500円で10,000タイトル以上の映画やドラマが見放題というコスパの高さでしょう。

また後述しますがプライムへ登録すると会員限定のサービスもたくさん利用できることも特徴です。

プライムビデオの6つのメリット

まずは実際に使用してみてのメリットを整理しようと思います。

メリットは以下の6つです。

プライムビデオの6つのメリット
  1. 月額料金が安い
  2. オリジナルコンテンツが豊富
  3. ダウンロードしてオフラインでも視聴ができる
  4. 同時視聴ができる
  5. 高画質の4K対応
  6. レコメンド機能がついている

1.月額料金が安い

月額料金は500円(年額プランなら4,900円)と、他の動画配信サービスに比べて圧倒的に安いのが特徴です。

だいたいカフェの利用を1,2回を控える程度の手軽な料金設定になっているのは魅力的だと思います。

他の動画配信サービスならU-NEXTは2,198円、Netflixなら990~1,980円で、動画配信サービスの中では一番安い月額料金設定となっています。

また、学生なら半額の250円で利用可能なので学生こそ利用をおススメしたいですね。

2.オリジナルコンテンツが豊富

プライムビデオでしか視聴できないドラマやアニメなどのコンテンツが充実しているのも特徴の一つです。

例えば『バチェラー・ジャパン』や『HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル』などはプライムビデオのみでしか視聴はできません。

3.ダウンロードしてオフラインで視聴ができる

「データ通信量が気になる!」という方は、動画を端末(スマホやタブレットなど)にダウンロードしてオフラインで視聴することもできます。

ただし、これはWi-Fi環境がある場所であらかじめダウンロードをしておく必要があるので注意です。

一度ダウンロードしてしまえば、通勤や通学時のちょっとした空き時間で作品を視聴することができるようになります。

4.同時視聴ができる

一度に複数のデバイスで同時視聴することができる点もプライムビデオの魅力のひとつです。

同時視聴ができれば、家族でチャンネル争いが起こるのを防ぐことができます。

家族で利用を考えている方にはおススメのサービスでしょう。

他にも同時視聴できる動画配信サービスはU-NEXTやNetflixなど少ないため、重宝したい機能といえます。

5.高画質の4K対応

他の動画配信サービスがHDやフルHD画質対応なのに対して、プライムビデオでは最高画質の4K対応です。

画質ってあまり大したことなさそうですけど、リアリティや迫力がだいぶ違ってくるのでぼくはすごく大事なポイントだと思っています。

6.レコメンド機能やレビュー機能が充実している

プライムビデオは、一度視聴した動画と関連のあるおススメの動画を表示してくれる機能が備わっています。

この機能はYouTubeに似てますね。

そのため「あ、これも観てみたい!」と思える作品がどんどんピックアップされるので大変優秀な機能といえます。

またレビュー機能も充実していて、投稿されたレビューはすべて閲覧することができます。

\ 無料お試し期間中に解約すれば0円! /

プライムビデオの3つのデメリット

メリットとは反対に、デメリットも挙げていこうと思います。

デメリットは以下の3つです。

プライムビデオの3つのデメリット
  1. 作品数が他よりも少ない
  2. 字幕機能・吹き替え機能が弱い
  3. 最新作は少ない

1.作品数が他よりも少ない

プライムビデオには10,000タイトル以上の作品がありますが、他の動画配信サービスに比べると数が少ないのが特徴です。

映画好きなどには物足りない感があるかもしれません。

ただ、月額500円という手頃な価格設定を考えると充分な品揃えだと個人的には感じますね。

まずは観たい作品やジャンルが配信されていそうかどうかをあらかじめチェックをすると良いかと思います。

2.字幕機能・吹き替え機能が弱い

字幕機能がない点もデメリットの1つとして挙げられます。

海外映画や海外ドラマの字幕表示をon/offに変えることができなかったり、字幕と吹き替えを途中で切り替えることもできません。

たとえば「海外の映画やドラマを見ながら英語学習がしたい」という方には不向きなサービスになります。

他の動画配信サービスで吹き替えや字幕機能に対応しているのはHuluやNetflixなどが挙げられます。

3.最新作は少ない

最新作の配信数が他の動画配信サービスに比べて少ないのも弱点のひとつです。

「最新作をたくさん観たい」という方はU-NEXTがおススメです。

プライム会員に登録すると超お得なサービスがいっぱい利用できる

ここからは、プライムビデオに登録するその他のメリットについて解説していきます。

そもそもプライムビデオを利用するには、まずAmazonのプライム会員に登録する必要があります。

このプライム会員こそぼくがおススメしたい超おススメサービスで、プライム会員になるとプライムビデオ以外の豊富なサービスを利用できることができます。

具体的には以下のような特典が利用できます。

プライム会員限定が利用できるサービス
  1. 送料無料
  2. お急ぎ便・日時指定便が無料
  3. 200万曲以上の音楽が聴き放題
  4. 対象の本や雑誌が読み放題
  5. 会員限定の先行タイムセールに参加できる

月額500円で上記のすべてのサービスを利用できるので、コスパは超最強です。

「Amazonを普段からよく利用する」という方なら、登録しないのは損です。

プライムビデオはこんな方におススメ

まとめると、プライムビデオはこんな方におススメです。

プライムビデオはこんな方におススメ
  1. リーズナブルな料金で動画鑑賞を楽しみたい
  2. Amazonオリジナルコンテンツが観たい
  3. 映画だけでなく本や音楽も無料で楽しみたい
  4. 普段からAmazonをよく利用する

とくに学生の場合月額250円で対象の映画・本・音楽などのサービスがすべて無料で利用できるので、最高のコストパフォーマンスだといえます。

\ 無料お試し期間中に解約すれば0円! /

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

27歳ブロガー

読んだ本の紹介やQOL高い生活を目指す方法などについて発信してます

理系大学▶サラリーマン▶ブログ運営▶おもしろい人生目指して成長中

目次
閉じる