ブログの画像の引用は著作権に注意しよう【正しい引用方法を紹介】
ブログ記事を投稿する際に重要になるのが写真や画像の設定です。
「文字ばかりで見にくいからGoogleから拾ってきた画像挿入しちゃお!♪」
・・・・・・・
・・・・・・・
それ、著作権を侵害する危険性があります!
ぼくはこのことを知ったのはブログを開始して40記事ほど書き上げた頃。
昇天しそうでございます。
全部画像を挿入し直さなきゃいかんのか。。。
いや、記事をリライトする良い機会か。。。
ポジティブになるしかございません。
とはいえ、画像の挿入は記事の見やすさや個々の印象を決めるブランディング観点からも重要な役割を担っているためやはり必須です。
そこで今回は著作権などの危険性から回避しながらブログ運営していくための方法をご紹介します。

ネット上の写真や画像には著作権がある

画像検索で真っ先に思い浮かぶのがGoogleなどネット上の画像検索だと思います。
それらの画像を無断でネット上で公開すると著作権の侵害で訴えられる可能性があるため控えましょう。

著作権とは

著作権とは「個人の創作物などを独占する権利」のことです。
著作権が含まれる創作物のことを著作物と呼びます。
著作物の具体例としては音楽、映像、書物、写真、Web上のテキストなどが挙げられます。
そのため、ブログ記事を書いたりSNSで情報発信する場合は他人の写真、イラスト、言語、映像などにの書作物を無断で使用することがNGになります。

著作権を侵害するとどうなるか

著作権侵害をした場合、著作権者から以下の内容が請求される場合があります。
公開の停止、削除
損害賠償
不当利益の返還
こうした請求は著作者から訴えがない限り問題にはなりませんが、万が一に備えて引用は削除するようにしましょう。

画像の引用方法

ではどこから画像を引用するか?
自分が使いたい画像は以下から引用しましょう。
1.自分で撮った写真
2.SNS(Twitter、Facebookなど)の画像
3.フリー画像の提供サイト
4.引用元を明記する

1.自分で撮った写真

自分が撮影した写真の著作権は自分にあります。
そのため、自由にネット上やSNSに公開することが可能です。
ただし、自分以外の人が移っている場合肖像権が発生するので注意しなければいけなません。
自分以外の人が移っている場合は人物が特定できないように顔にモザイク加工などで隠れるように工夫しましょう。

2.SNS(Twitter、Facebookなど)の画像

SNS上の画像を自由に使うことも可能です。
「SNSの画像は著作権侵害に違反しないの?」という疑問が出てきますが、SNSの画像引用は「シェアをする」という扱いになるため著作権侵害には該当しません。
ただし、そのSNSにアップされている画像自体が著作権違反だった訴えられる危険性もあるため、引用する際には、引用したい画像そのものが著作権違反になっていないかを見極めるようにしましょう。

3.フリー画像の提供サイト

ネット上にはフリー素材を提供している画像サイトが沢山あります。
お気に入りサイトに登録しておいていつでも引用できるようにしておきましょう。
ぼくが使用しているのは
あとは海外のフリー画像サイトも参考にしています。
海外サイトは洗練された画像を扱うものが多いのでオシャレな画像を用いたいときに使用すると良いでしょう。

4.引用元を明記する

引用をする場合は引用元をしっかり明記するようにしましょう。
●● 文章 ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●......
例) 出典:○○
例) ○○より引用
こういった感じで引用元を明記することで著作権の違反を防ぐことが可能になります。

 

 

おすすめの記事