httpとhttps の違いは? httpsサイトに変更するメリットも紹介

 

じょんぺい
「http」と「https」の違いを解説します!

「http」と「https」の違いや「SSL化」とは

ウェブサイトのURLには以下のような「http://」から始まるものと、「https://」から始まる2種類が存在するのをご存知でしょうか?

 

この「http」と「https」 の2つの違いはサイトのセキュリティ機能の違いを表します。

 

ウェブサイトを開くと下のように、httpサイトには「保護されていない通信」、httpsサイトには「保護された通信」と表示されます。

 

インターネットの通信は、第三者によって閲覧者とサーバー間の通信データを盗聴したり改ざんされるリスクが伴います。

 

そこで SSL/TLSと呼ばれる技術をつかって通信データを暗号化し、サイト訪問者が安心してWebサイトを利用できるようにする必要があります。

 

この通信データを暗号化することをSSL化と呼び、SSL化することでURLが「http」から「https」へと変更されます。

 

 

つまり、httpsサイトにすることでサイトの安全性を向上させることができます。

 

 

httpからhttpsに変更(SSL化)するメリット

上述したように「http」から「https」にすることをSSL化(暗号化)と言います。

 

ウェブサイトをSSL化することによって、以下のようなメリットがあります。

 

SSL化するメリット
① セキュリティ機能が向上する
② サイトの信頼性が上がる
③ Googleからの評価が上がり、検索順位の上位表示につながる
④ アクセス解析の精度が向上する

 

セキュリティ機能が向上する

インターネット上では様々な個人情報が送受信されています。

 

また、通常のページ閲覧時もcookie等のデータも含まれているのでこれらの情報が漏洩することを防ぐことが可能です。

サイトの信頼性が上がる

SSL化されたサイトにはURLの左側に鍵マークが表示されます。

 

SSL化することでサイト訪問者や企業に「このWebサイトは安全ですよ」と信頼性をアピールすることができます。

Googleからの評価が上がり、検索順位の上位表示につながる

Googleは2014年に、すべてのウェブサイトに対してSSL化(https化)を推奨し、httpsサイトかどうかを検索順位の決定要因にすることを公表しました。

 

これは言いかえると「SSL化したhttpsサイトにすることで、検索順位を上位表示させますよ」ということを意味します。

 

つまりhttpsサイトにすることでSEO的に有利になることが可能だといえます。

アクセス解析の精度が向上する

Google Analytics等でアクセス解析を行う際に「リファラー」と呼ばれる項目があります。

 

リファラーは、どこのサイトから自分のサイトへ訪問されたかを知る重要な項目です。

 

httpサイトの場合、このリファラーデータの受信をうまく処理できないことがあります。

 

一方、httpsサイトの場合は受信設定をうまく行うことができ解析することが可能になります。

 

つまり、SSL化することでアクセス解析の精度を向上させることが可能になります。

SSL化の設定方法

ウェブサイトをSSL化する方法は各レンタルサーバー会社のサイトから変更することができます。

 

手続きの仕方もわかりやすく解説されているので設定で困ることは特にないと思います。

 

また無料なうえに10分ほどで設定することができます。

 

【Xサーバー】をご利用の方

【ロリポップ】をご利用の方

 

まとめ

以上をまとめると、httpサイトとhttpsサイトの違いは以下のようになります。

 

「http」と「https」の違い
■ http サイト  → 危険。通信データが暗号化されていない。第三者に通信データを盗聴されるリスクがある。
■ httpsサイト → 安全。通信データが暗号化されている。安全なサイト。

 

また、httpsサイトのメリットは以下のようになります。

 

httpsサイトのメリット
① セキュリティ機能が向上する
② サイトの信頼性が上がる
③ Googleからの評価が上がり、検索順位の上位表示につながる
④ アクセス解析の精度が向上する

 

まだhttpsサイトにしていない方は、ぜひSSL化設定を行ってみてください!

 

おすすめの記事