MENU

電子書籍で目が疲れるのを防ぐ6つの方法を紹介

困っている人

・電子書籍を使いたいけど目が疲れてしまう…
・電子書籍を読むときに目が疲れるのを防ぎたい…

こんな悩みを解決します。

「電子書籍を使いけど、目が疲れてしまう」という人は多いと思います。

今回は目が疲れる原因とその対策方法を6つ紹介しようと思います。

以下、本記事の内容です。

本記事の内容
  • 電子書籍で目が疲れる原因
  • 電子書籍で目が疲れるのを防ぐ対策方法6選
目次

電子書籍で目が疲れる原因

まず、電子書籍で目が疲れてしまう原因を知りましょう。

原因は主に以下の3つがあります。

電子書籍で目が疲れる原因
  • スマホやタブレットを使用している
  • 液晶と周辺環境の明るさがズレている
  • 休憩やセルフケアが不足している

スマホやタブレットを使用している

普段使っているスマホやタブレットの画面からはブルーライトとよばれる紫外線エネルギーが発生しています。

このブルーライトは太陽の光に近い強いエネルギーがあるため長時間の使用は目への負担を大きくします。

とくに就寝前にブルーライトを浴びると脳を覚醒させてしまうため、睡眠の質にも悪影響を与えます。

そのため、スマホやタブレットの使用は使用する時間やタイミングを考える必要があります。

液晶と周辺環境の明るさがズレている

人間の目は、明るいころでは瞳孔が縮んで暗いところでは広がる性質があります。

そのため、暗い部屋で液晶の明るい画面をみると瞳孔が伸縮します。

この伸縮が頻繁に起こると目に負担がかかって疲労の原因になります。

夜遅くにスマホの画面などを見る際は、部屋の明るさも十分に明るくするなどして光の明るさを調整することが大切です。

休憩やセルフケアが不足している

スマホやタブレットに関わらず、長時間目を使っていれば誰でも疲れてしまうものです。

「1時間読んだら10分休憩をとる」、「目のマッサージをする」、「睡眠をしっかりとる」といった身体のケアを怠らずに行いましょう。

電子書籍で目が疲れるのを防ぐ方法6つ

電子書籍で目が疲れるのを防ぐ方法は以下の6つです。

電子書籍で目が疲れるのを防ぐ方法6つ
  1. 専用の電子書籍リーダーを使用する
  2. ブルーライトカット製品を使用する
  3. 液晶の明るさを調整する
  4. 文字サイズを調整する
  5. 休憩をこまめにとる
  6. 栄養をとる

専用の電子書籍リーダーを使用する

スマホやタブレットではなく、専用の電子書籍リーダーを使用することで目の負担を抑えることができます。

電子書籍リーダーは、アマゾンのKindleや楽天のKoboといったものが有名です。

電子書籍リーダーはE-ink(電子インク)とよばれる技術を採用しておりブルーライトの強い光はほぼ出しません。

そのため長時間の使用でも目が疲れにくいのが特徴です。

ただし電子書籍リーダーは白黒画面対応のため、カラー画面でマンガや雑誌を楽しみたいという方にはスマホやタブレットの使用をおススメします。

ブルーライトカット製品を使用する

スマホやタブレットで電子書籍を楽しみたい方にはブルーライトカット製品の使用がおススメです。

具体的にはブルーライトカットのメガネとスマホなどの画面保護フィルムですね。

なかにはブルーライトカット率が90%以上の高性能な製品も販売されています。

性能によって値段も変わってくるため、どれを選ぶかは使用頻度や使用時間を考えて検討するのが良いと思います。

液晶の明るさを調整する

液晶の画面と周囲環境の明るさが異なると目への負担が大きくなります。

そのため、暗い場所では液晶画面の背景色を暗くするなどして光の量を調整しましょう。そうすることで目の負担を軽減することができます。

アマゾンの電子書籍リーダーKindleなら、周囲の明るさにあわせて液晶の明るさを自動調整してくれる機能が搭載されているので便利ですね。

文字サイズを調整する

文字を追うのに、目を上下左右に動かすとことで目の疲労につながるといわれています。

読みやすいサイズは人によって異なってくるため、一概に「このくらいの大きさにした方が良い」というのはありませんが、自分にとって無理のない文字の大きさに調整することが大切です。

休憩をこまめにとる

電子書籍じゃなくても、長時間目を使ってれば誰でも疲れます。

そのため30分経ったら画面から目をはなしてリラックスするなど、こまめに休憩をとることを意識しましょう。

栄養をとる

目の疲労回復にはビタミン類とポリフェノールを摂取するのが効果的です。

これらの栄養素を多く含む食べ物として主に乳製品や魚介類、野菜、ブルーベリーなどが挙げられます。

まとめ

今回は電子書籍で目が疲れる原因とその対策方法を6つ紹介しました。

電子書籍のトレンドは今後もどんどん増えていくと思います。

今回紹介した内容はすぐに実践できることが多いと思うので、「目に負担がかるのが心配」という方はぜひ実践してみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

27歳ブロガー

読んだ本の紹介やQOL高い生活を目指す方法などについて発信してます

理系大学▶サラリーマン▶ブログ運営▶おもしろい人生目指して成長中

目次
閉じる