【Diver】Google AdSense(グーグルアドセンス)の登録手順を図解で解説

 

じょんぺい
Google AdSenseの申請手順を解説します!

 

所要時間は10分程度です。

WordPressのテーマは【Diver】を使用しています。

 

Google AdSense(グーグルアドセンス)とは

Google AdSense」(グーグルアドセンス)とは Googleが提供するWebサイト運営者向けの広告配信サービスのことです。

サイト訪問者が広告をクリックする度に収益が発生し、サイト運営者に報酬が支払われる仕組みになっています。

Google AdSenseから提供される広告コードを自分のWebサイトに挿入することで広告を配信することができます。

 

以下にGoogle AdSenseの特徴を整理します。

 

Google AdSenseの特徴
① 自分のWebサイト(ブログなど)の内容に適した広告が自動配信される
② 一度設定を済ませればあとは自動で更新される(もちろん自分で設定も可能)
③ 広告がクリックされる度に収益が発生する
④ 誰でも無料で利用することができる

 

AdSenseを開始するために必要な準備

Google AdSenseを開始するにあたって申請時にGoogleによるサイトの審査があります。

そのため事前にWebサイト(ブログ)を開設しておく必要があり、記事もある程度の数を投稿しておく必要があります。

 

AdSenseを開始するために必要な準備
①自分のWebサイト(ブログ)を開設する。
②記事をある程度投稿しておく(10記事程度)。

 

なかには10回連続で審査に落ちている人もいるようです。

そのためAdSenseのプログラムポリシーを遵守したサイトづくりを心がけましょう。

参考:AdSenseプログラムポリシー

 

Google AdSenseの申請手順

ここからはGoogle AdSenseの申請手順についてご紹介していきます。

所要時間は10分程度です。

 

まずは「Google AdSense」を開き以下のページへアクセスしましょう。

「お申込みはこちら」をクリック。

 

 

そうすると以下のページが表示されるので必要事項を記入していきましょう。

「お客様のウェブサイト」にウェブサイト(ブログ)のURLを入力しましょう。

メールアドレスを入力しましょう。

AdSenseからの情報を入力するか否かにチェックをいれましょう。

「保存して次へ」をクリック。

 

 

次に以下のページが表示されるので、続けて必要事項を記入していきましょう。

「国または地域を選択」をプルダウンし「日本」を選択しましょう。

「利用規約をご確認のうえ、同意してください」をよく読みチェックボックスにチェックを入れます。

「アカウントを作成」をクリック。

 

 

AdSenseのホーム画面にうつります。

「支払い先住所の詳細」を入力しましょう(既に設定済みの方はこのページは表示されません)。

 

 

ここからはAdSenseが提供する「AdSenseコード」をウェブサイト(ブログ)に挿入するステップになります。

「AdSenseコード」をコピーします( <script> data- ……</script> の部分)。

 

 

次にWordPressを開き、左のメニューから「Diverオプション」→「基本設定」を選択。

下にスクロールして「アクセス解析」、「アクセス解析タグ」をみつけましょう。

「</head>タグの直前:欄に先ほどコピーしたコードを貼り付けましょう。

「変更を保存」をクリック。

 

 

先ほどのAdSenseのホーム画面に戻ります。

「サイトのコードを貼り付けました」にチェックを入れます。

「完了」をクリック。

 

 

以上で申請完了になります!

あとは審査結果の通知がくるまで数日待ちましょう!

 

 

審査が合格したら次は広告設定を行いましょう!

 

おすすめの記事