書評:「新しい副業のかたち」を読んでコミュニティ化のイメージがつかめた話
こんにちは。ジョンペイです。
最近ブログ記事のネタがどんどん浮かんできて嬉しい循環です。
ただ、記事書くスピードが致命的なほど遅いのは悲しいです。
ブログはじめたての頃は2,3記事書いたあたりで「もう発信できるネタなくなったわw」と
打ちひしがれていたのですが、なんとか継続できています。
当たり前ですがアウトプットするにはインプットが大事です笑
最近ではネットビジネス大百科がけっこう勉強になりました。往復の通勤で音声で聞いています。
そしてインプット関連でいくと、「新しい副業のかたち」という本を読みました。
ざっくり本の中身を紹介していこうと思います。

「新しい副業のカタチ」の内容(ネタバレあり)

これからは企業ではなく個人の時代だから働き方が変わる

インターネットが普及した現代は個人の時代です。
自分でビジネスをはじめて、働き方も生き方も選択できる世の中になりつつある。

でもまずは副業からはじめていこう

 

とは言っても、いきなり起業はリスクが大きいので、まずは月収10万円の副業から始めてみようと提案。

で、この本のなかで登場するおススメ副業モデルが「サークルモデル」

サークルモデルとは
共通の目的や興味をもった仲間を集めて、
月に1回イベントを開催するなどして運営されるコミュニティ型の副業モデル
本の中でも紹介されていますが、
サークルモデルは、言いかえれば「大学生のサークル」というイメージに近いです。
どうやってお金を集めるかとういうと
これまた大学のサークルと同様、「毎月の会費として月に3000円を徴収する」という感じで
メンバーから月額制でお金を徴収するスタイルです。
これで月収10万円を目指しましょうと提案されています。

サークルモデルが副業としておススメな理由

一般的に副業といえば
・バイト
・アフィリエイト
・YouTuber
・物販
・転売
・投資
こういった種類が挙げられますが、
これらの業種で副業をはじめて最初から稼げるようになるにはかなりの労力が必要になり、
稼げる人は限られてくるため注意が必要だと述べられています。
それに対してサークルモデルは、
・収入の安定性
・参入のしやすさ
・元手金の必要性
・将来への発展性
という面で他の副業と比較しても優位性が高く、副業のビジネスモデルとしておススメされています。

サークルモデルの始め方、運営の仕方、稼ぎ方が紹介

サークルモデルを構築、運営していくために必要な以下のステップについて解説されています。
①コンセプトを決める
②イベント開催、運営
③課金してもらう
各ステップにおいて意識すべきことも丁寧に書かれていますね。

情報発信ビジネスもコミュニティ化に行き着く

サークルモデルを運営するというのは、別の言い方をすればコミュニティ化するということです。
ネットビジネス大百科のなかでも説明されていますが、
これからのネットビジネスの本質は「コミュニティ化」と言われています。
その理由は、個人の時代だからこそ同じ方向を向いていける共同体(コミュニティ)が
重要になるためであると言われています。
これまでネットビジネスの業界ではDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)が
主流とされてきましたが、今後はさらに「コミュニティ化」の概念が追加されると言われています。
参考文型 DRMについて
つまり
集客
教育
販売
コミュニティ化
みたいな流れに今後うつっていくということですね。

コミュニティ化のイメージがつかめない人におススメです

情報発信ビジネスをはじめる人にとって、サークルモデルやコミュニティ化は
集客→教育→販売の流れで最終的に行き着く概念だと説明しました。
とは言っても、コミュニティ化と言われてよくわからない人も多いかもしれません。
ぼくも初めは
「コミュニティ化ってなに??」
「なにすれば良いの??」
「どうやってそれでお金稼ぐの??」
とツッコみポイント満載だったのですが、この本を読んでその言葉の意味や仕組みの大枠が理解できました。

ということで、「コミュニティ化ってよくわかんねーな」という方にはおススメなので是非読んでみてください!

 

 

p.s. アマゾンアソシエイトの審査に落ちたので、購入リンクが貼れないぜ。悲しい。

 

おすすめの記事