altタグとは?設定方法について解説

 

・altタグってなに?
・altタグの設定方法が知りたい

 

こんな悩みを解決します!

 

altタグとはalt属性ともいわれ、画像を検索エンジンに伝えるためのテキストのことです。

 

本記事ではaltタグの解説とaltタグを設定するメリットを紹介します。

 

【本記事の内容】

✔ altタグとは

✔ altタグを設定するメリット

✔ altタグの設定方法

 

altタグとは?

altタグとは?

altタグとは画像を検索エンジンに伝えるための代替テキストのことです。

 

検索エンジンはページ内の画像を認識することができません。

 

そのため画像を挿入する際に「何が写っているのか」という情報を検索エンジンに伝える必要があります。

 

この情報の表記の部分をaltタグといいます。

 

??
最初からよくわからないぞ?

 

大丈夫です。

 

順を追ってみていきましょう。

 

例えばこのブログ記事に画像を挿入した場合、その画像は下記のようなコードで挿入されます。

 

< img src= ”画像のURL”  alt="" / >

 

このalt=""の部分がaltタグです。

 

ここに「どのような画像なのか?」という説明を簡潔に入力します。

altタグを設定する2つの効果

altタグを設定する2つの効果

altタグを設定する効果は2つあります。

 

1.検索エンジンに認識してもらえる
2.ユーザビリティの向上

 

総じてSEO対策になります。

 

Googleもaltタグの効果について以下のように公言しています。

画像のファイル名と alt テキストを最適化すると、Google 画像検索のような画像検索プロジェクトが画像を適切に理解しやすくなります。
 

① 検索エンジンに認識してもらえる

Googleなどの検索エンジンは画像データを認識することができません

 

そこでaltタグを設定することで認識できる形式に変換してあげるのです。

 

検索エンジンに認識してもらえるようになるとGoogleの画像検索にも表示されてSEO対策になります。

② ユーザビリティの向上

altタグは、画像が表示されない場合の代替テキストになります。

 

ネット環境の不具合などで画像の読み込みが遅い場合、altタグが代替テキストとして表示されます。

 

つまり、画像が読み込まれなくてもページの内容を把握できるようになります。

 

代替テキストの例としてGoogleは以下の画像や説明を挙げています。

 

画像にわかりやすいファイル名を付けて、alt 属性の説明を入力します。「alt」属性を使用すると、何らかの理由で画像を表示できない場合の代替テキストを指定できます。
 

altタグの設定方法

alltタグの設定方法

altタグの設定方法は以下の2ステップです。

 

1.画像を挿入する
2.代替テキストにaltタグを記入する

 

画像を挿入すると以下の画面が表示されます。

 

altタグの設定方法

 

赤枠内にaltタグを入力しましょう。

 

記事の中に画像を挿入する場所は以下の2つなので、それぞれ書き方を分けていきましょう。

 

1.h2見出しの下に挿入する画像
2.記事内に挿入する画像

 

h2見出しの下に挿入する画像

altタグには h2タグの名前をそのまま記入しょう。

 

この記事の h2見出し下の画像の altタグは「altタグの設定方法」と記入しています。

 

記事内に挿入する画像

記事内に投稿する場合は以下のことを意識して記入しましょう。

 

✔ 短く簡潔に書く
✔ 画像の内容と一致するキーワードを選ぶ
✔ キーワードを入れすぎない
✔ 無関係な文字を入力しない

 

altタグとは?2つの効果と設定方法:まとめ

altタグとは?2つの効果と設定方法【SEO対策】:まとめ

今回はaltタグの効果や設定方法を解説しました。

 

SEO対策として簡単に設定できる項目なのでぜひ試してみてください!

 

おすすめの記事